東工大トポロジーセミナー

更新日:2016年11月21日

東工大トポロジーセミナーは、水曜日の午後に、
本館230セミナー室又は西8号館W1101セミナー室にて行っています。
奮って御参加ください。

Access map:
 東工大大岡山キャンパス
 数学科
 西8号館 W1101

※このセミナーは理工学研究科 数学専攻と 情報理工学研究科 数理・計算科学専攻により運営されています。

平成28年度秋学期:


10月5日(水) 15:30〜17:00

会場:本館230セミナー室

大場 貴裕 氏(東京工業大学)

Stein 充填を無限個もつ高次元接触多様体の構成

与えられた接触多様体に対し,それを境界にもつ Stein 領域のことを,その接触多様体の Stein 充填という.これまでに,無限個の Stein 充填をもつ 3 次元接触多様体の例は数多く知られている.一方で,5 次元以上の接触多様体でこのような例は知られていない.3 次元の場合には,オープンブック分解や Lefschetz ファイバー空間といった多様体上のファイバー構造を利用して構成されたが,その際に曲面の写像類群が重要な役割を果たしている.高次元の場合も,これらの空間に対応する概念はあるものの,写像類群が高次元多様体のものとなり,その解析は一般には難しい.本講演では,ファイバーとなる高次元多様体として特別なものを選ぶことにより,ファイバー構造を用いて無限個の Stein 充填をもつ高次元接触多様体が構成できることを紹介する.


10月26日(水) 15:30〜17:00

会場:西8号館W1101セミナー室

Alden Walker 氏(Center for Communication Research)

The Gromov boundary of the ray graph

Consider the surface S which is the plane minus a Cantor set. The "ray graph" is an infinite diameter hyperbolic graph on which the mapping class group of S acts by isometries. In this talk, I'll describe the proof that the Gromov boundary of the ray graph is homeomorphic to (and, in particular, in bijection with) the set of "long rays" on S. This makes the abstract boundary of the ray graph into a set of tractable concrete objects. This talk (and this project) are motivated primarily by pictures and describe an area with many interesting open questions. This is joint work with Juliette Bavard.


11月16日(水) 15:30〜17:00

会場:西8号館W1101セミナー室

Martin Deraux 氏(Université Grenoble Alpes)

Constructing non-arithmetic lattices by uniformization

I will explain Hirzebruch's construction of ball quotients obtained as covers of P^2 branched over a configuration of lines, and I will discuss the arithmeticity of these ball quotients. A variation of this technique allowed us to reconstruct some of the lattices constructed in joint work with Parker and Paupert. If time allows, I will also explain how the projective plane can be replaced by well chosen configurations of elliptic curves on Abelian surfaces.


11月30日(水) 15:30〜17:00

会場:本館230セミナー室

久野 恵理香 氏(東京工業大学)

向き付け不可能曲面の写像類群のアーベル部分群

1983年に Birman-Lubotzky-McCarthy が向き付け可能曲面の写像類群の任意のアーベル部分群は有限生成であることを示し,更にその torsion-free rank の最大を求めた.また,2014年に Atalan-Szepietowski が向き付け不可能曲面の種数が奇数の場合に,その写像類群のアーベル部分群の torsion-free rank の最大を求めた.Birman-Lubotzky-McCarthy の議論を向き付け不可能曲面に対して適用し,種数が偶数の場合についてもその写像類群の任意のアーベル群の torsion-free rank の最大が求められたので,その結果について報告する.


12月7日(水) 15:30〜17:00

会場:西8号館W1101セミナー室

Shinpei Baba 氏(Universität Heidelberg)

Neck-Pinching of CP^1-structures

A $CP^1$-structure on a surface is an atlas modeled on $CP^1$ with transition maps in PSL(2, C), and it can be regarded as a Riemann surface with a holomorphic quadratic differential. Moreover each CP^1-structure has a holonomy representation from the fundamental group of the base surface into PSL(2, C).
We would like to understand divergence of CP^1-structures. In this talk, we consider a one-parameter family of diverging CP^1-structures such that its holonomy representation converges. I will describe its limit assuming its underlying conformal structure is "pinched" along a loop.


2月1日(水) 15:30〜17:00



過去のトポロジーセミナーの履歴 (平成15年度〜)
平成15年度 夏学期冬学期
平成16年度 夏学期冬学期
平成17年度 夏学期冬学期
平成18年度 夏学期 /冬学期
平成19年度 夏学期冬学期
平成20年度 夏学期冬学期
平成21年度 夏学期冬学期
平成22年度 夏学期冬学期
平成23年度 夏学期冬学期
平成24年度 夏学期冬学期
平成25年度 夏学期冬学期
平成26年度 夏学期冬学期
平成27年度 夏学期冬学期