東工大トポロジーセミナー

更新日:2015年04月22日

東工大トポロジーセミナーは、水曜日の午後に、
本館230セミナー室又は西8号館W1101セミナー室にて行っています。
奮って御参加ください。

Access map:
 東工大大岡山キャンパス
 数学科
 西8号館 W1101

※このセミナーは理工学研究科 数学専攻と 情報理工学研究科 数理・計算科学専攻により運営されています。

平成27年度前期:


4月22日(水) 15:30〜17:00

会場:本館230セミナー室

山口 祥司 氏(秋田大学)

Asymptotic behavior of the Reidemeister torsion and Seifert manifolds
(ライデマイスタートーションの漸近挙動とザイフェルト多様体)

We discuss the asymptotic behavior of the Reidemeister torsion for Seifert manifolds. The sequence of irreducible representations of SL(2, C) induces that of the Reidemeister torsions for a manifold and an SL(2, C)-representation of the fundamental group. Then the asymptotic behavior of the Reidemeister torsion is related to a geometric quantity of a manifold. We will compute the limit of the leading coefficient in this asymptotic behavior for Seifert manifolds and discuss a relation to the geometric structures of Seifert manifolds.

ライデマイスタートーションの漸近挙動をザイフェルト多様体の場合に考察する。 SL(2, C)の既約表現の列は多様体と基本群のSL(2, C)表現の組に対してライデマイスタートーションの 列を誘導する。このとき、ライデマイスタートーションの漸近挙動は多様体の幾何学的な量と関係してくる。 この講演では、ザイフェルト多様体に対して漸近挙動における主要項の係数の極限を計算し、 ザイフェルト多様体の幾何構造との関係を考察する。


5月13日(水) 15:30〜17:00

会場:本館230セミナー室

糟谷 久矢 氏(東工大)

佐々木多様体のホッジ理論と基本群

佐々木多様体はケーラー多様体の奇数次元版と考えられる幾何構造である. ケーラー多様体のホッジ理論とよく似たことをやると,佐々木多様体においてもホッジ理論を展開することができる. このホッジ理論を用いることによって,佐々木多様体の基本群の性質を調べる. 本講演では,ケーラー多様体とよく似ていながらも "やや特異" な事態が佐々木多様体で起こることをお知らせしたい.


5月20日(水) No seminar (会議および研究集会のため)

5月27日(水) No seminar (研究集会のため)

6月3日(水) 15:30〜17:00

門田直之 氏(大阪電通大)
6月10日(水)
6月17日(水) No seminar (会議のため)

6月24日(水) No seminar (集中講義のため)

7月1日(水) No seminar (集中講義のため)

7月8日(水)
7月15日(水) No seminar (会議のため)

7月22日(水)

過去のトポロジーセミナーの履歴 (平成15年度〜)
平成15年度 夏学期冬学期
平成16年度 夏学期冬学期
平成17年度 夏学期冬学期
平成18年度 夏学期 /冬学期
平成19年度 夏学期冬学期
平成20年度 夏学期冬学期
平成21年度 夏学期冬学期
平成22年度 夏学期冬学期
平成23年度 夏学期冬学期
平成24年度 夏学期冬学期
平成25年度 夏学期冬学期
平成26年度 夏学期冬学期
平成27年度 夏学期