論 文 リ ス ト    (佐々政孝)

   List of publications including papers in Japanese (Masataka Sassa)
                           


I. 雑誌論文  

(計算機科学に関する査読付き雑誌掲載論文)

1.  Sassa, M. and Goto, E.:
    A Hashing Method for Fast Set Operations,
    Information Processing Letters, Vol.5, No.2, pp. 31-34 (Jun. 1976).

2.  Sassa, M. and Goto, E.:
    "V-tape", A Virtual Memory Oriented Data Type, and its Resource
    Requirements,
    Information Processing Letters, Vol.6, No.2, pp. 50-55 (Apr. 1977).

3.  Sassa, M.:
    A Pattern Matching Macro Processor,
    Software-Practice and Experience, Vol.9, No.6, pp. 439-456
    (Jun. 1979).

4.  Goto, E., Sassa, M. and Kanada, Y.:
    Studies on Hashing Part-2: Algorithms and Programming with CAMs,
    Journal of Information Processing, Vol.3, No.1, pp. 13-22
    (Mar. 1980).

5.  Sassa, M., Tokuda, J., Shinogi, T. and Inoue, K.:
    Design and Implementation of a Multipass-Compiler Generator,
    Journal of Information Processing, Vol.3, No.2, pp. 77-86
    (Aug. 1980).

6.  Sassa, M., Ishizuka, H. and Nakata, I.:
    A Contribution to LR-attributed Grammars,
    Journal of Information Processing, Vol.8, No.3, pp. 196-206
    (Dec. 1985).

7.  中田育男,佐々政孝:
    意味規則つき正規表現とデータ構造直結型プログラムへの応用,
    コンピュータソフトウェア, Vol.3, No.1, pp. 47-56 (Jan. 1986).

8.  佐々政孝,中田育男:
    正規右辺文法のLRパーサの簡単な実現法,
    情報処理学会論文誌, Vol.27, No.1, pp. 124-127 (Jan. 1986).

9.  佐々政孝,中田育男:
    論理式の飛び越し型評価に関する一定理,
    情報処理学会論文誌, Vol.27, No.3, pp. 383-387 (Mar. 1986).

10. Nakata, I. and Sassa, M.:
    Generation of Efficient LALR Parsers for Regular Right Part Grammars,
    Acta Informatica, Vol.23, pp. 149-162 (Mar. 1986).

11. Nakata, I. and Sassa, M.:
    L-attributed LL(1) Grammars are LR-attributed,a
    Information Processing Letters, Vol.23, No.6, pp. 325-328
    (Dec. 1986).

12. 久世和資,佐々政孝,中田育男:
    ストリーム・プログラミングのための図式表示を利用した開発支援環境
    について,
    情報処理学会論文誌, Vol.27. No.12, pp. 1249-1253 (Dec. 1986).

13. Kuse, K., Sassa, M. and Nakata, I.:
    Modelling and Analysis of Concurrent Processes Connected by Streams,
    Journal of Information Processing, Vol.9, No.3, pp. 148-158
    (Dec. 1986).

14. Sassa, M., Ishizuka, H. and Nakata, I.:
    ECLR-attributed Grammars: A Practical Class of LR-attributed Grammars,
    Information Processing Letters, Vol.24, No.1, pp. 31-41 (Jan. 1987).

15. Sassa, M. and Nakata, I.:
    A Simple Realization of LR Parsers for Regular Right Part Grammars,
    Information Processing Letters, Vol.24, No.2, pp. 113-120
    (Jan. 1987).

16. 山下義行,佐々政孝,中田育男:
    なかよしグループ問題と属性文法への応用,
    コンピュータソフトウェア, Vol.4, No.3, pp. 28-40 (Jul. 1987).

17. 張又普,中田育男,佐々政孝:
    正規右辺文法の効率のよいLRパーサの簡単な実現法,
    情報処理学会論文誌, Vol.28, No.11, pp. 1162-1167 (Nov. 1987).

18. 張又普,中田育男,佐々政孝:
    非正準LR構文解析と拡張LR構文解析の提案,
    情報処理学会論文誌, Vol.29, No.3, pp. 281-291 (Mar.1988).

19. Sassa, M. and Nakata, I.:
    Time-Optimal Short-Circuit Evaluation of Boolean Expressions,
    Information Processing Letters, Vol.29, No.1, pp. 43-51 (Sep. 1988).

20. 丁亜希,渡辺美樹,中田育男,佐々政孝:
    正規右辺属性文法と1パス再帰降下属性評価器の生成,
    情報処理学会論文誌, Vol.30, No.2, pp. 204-213 (Feb. 1989).

21. 久世和資,佐々政孝,中田育男:
    ストリームによるプログラミングのための言語とその実現方式,
    情報処理(本号のみ論文誌を含む), Vol.31, No.5, pp.673-685 (May 1990).

22. Nakata, I. and Sassa, M.:
    Programming with Streams in a Pascal-Like Language,
    IEEE Transaction on Software Engineering, Vol.17, No.1, pp.1-9
    (Jan. 1991).

23. Nakata, I. and Sassa, M.:
    Regular Expressions with Semantic Rules and Their Application
    to Data Structure Directed Programs,
    Advances in Software Science and Technology, Vol. 3, pp. 93-108
    (Dec. 1991).

24. 佐々政孝,石塚治志,中田育男:
    1パス型属性文法に基づくコンパイラ生成系Rie,
    コンピュータソフトウェア, Vol. 10, No. 3, pp. 20-36 (May 1993).

25. 佐々政孝:
    属性文法記述に基づくプログラミング環境の生成方式,
    コンピュータソフトウェア, Vol. 11, No. 4, pp. 44-56 (Jul. 1994).

26. Sassa, M., Ishizuka, H. and Nakata, I.:
    Rie, a Compiler Generator Based on a One-pass-type Attribute
    Grammar,
    Software- Practice and Experience, Vol. 25, No. 3, pp. 229-250
    (Mar. 1995).

27. 大久保琢也,佐々政孝:
    属性文法に対する系統的デバッグ方式,
    コンピュータソフトウェア, Vol. 13, No. 2, pp.45-57 (Mar. 1996).

28. 中井央,佐々政孝,山下義行,中田育男:
    LR属性文法に基づいたインクリメンタルな属性評価,
    情報処理学会論文誌, Vol. 37, No. 12, pp. 2254-2265 (Dec. 1996).

29. Sassa, M. and Ookubo, T.:
    Systematic Debugging Method for Attribute Grammar Description,
    Inf. Process. Lett., Vol. 62, pp. 305-313 (1997).

30. 大島芳樹,脇田建,佐々政孝:
    プログラミング言語処理系SqueakのSHARP Zaurusへの移植とその評価,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 41, No. SIG 9 (PRO 8),
    pp. 62-77 (Nov. 2000).

31. Morimoto, S. and Sassa, M.:
    Yet another generation of LALR parsers for regular right part grammars,
    Acta Informatica, Vol. 37, pp. 671-697 (Jun. 2001).

32. 佐々木晃,池添洋平,佐々政孝:
    属性文法の系統的デバッグ法,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 43, No. SIG 3 (PRO 14),
    pp. 1-16 (Mar. 2002).

33. 徳生吉孝,脇田建,佐々政孝:
    アセンブリ言語上でのプログラム特化,
    情報処理学会論文誌, Vol. 43, No. 6, pp. 1910-1929 (Jun. 2002).

34. 池添洋平,佐々木晃,脇田建,佐々政孝:
    属性文法の系統的デバッグ法におけるバグ絞り込みの効率化,
    コンピュータソフトウェア, Vol. 20, No. 2, pp. 22-40 (Mar. 2003).

35. Sasaki, A. and Sassa, M.:
    Circular Attribute Grammars with Remote Attribute References
    and their Evaluators,
    New Generation Computing, Vol. 22, No. 1, pp. 37-60 (Jan. 2004).

36. 滝本宗宏,福岡岳穂,佐々政孝,原田賢一:
    疎な要求駆動型データフロー解析,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 46, No. SIG 11 (PRO 26),
    pp. 16-26 (Aug. 2005).

37. 伊藤陽,小濱真樹,佐々政孝:
    静的単一代入形式からの逆変換アルゴリズムの比較と評価,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 46, No. SIG 14 (PRO 27),
    pp. 30-42 (Oct. 2005).

38. 佐々政孝,福岡岳穂,滝本宗宏:
    コンパイラ・インフラストラクチャにおける静的単一代入形式最適化部の実現,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 47, No. SIG 2 (PRO 28),
    pp. 30-43 (Feb. 2006).

39. 方玲,佐々政孝:
    双方向CTLによるJava 最適化器の生成,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 48, No. SIG 10 (PRO 33), 
    pp. 76-89 (June 2007).

40. Fang, L. and Sassa, M.:
    Generating Java Compiler Optimizers Using Bidirectional CTL,
    Electronic Notes in Theoretical Computer Science, 
    Vol. 190/4, pp. 49-63 (Nov. 2007).

41. 今橋孝典,伊藤陽,佐々政孝: 
    静的単一代入形式上で通常形式部分冗長除去を実現する汎用的手法,
    情報処理学会論文誌:プログラミング, Vol. 49, No. SIG 1 (PRO 35),
    pp. 84-95 (Jan. 2008).

42. 中田育男,渡邊坦,佐々政孝,森公一郎,阿部正佳:
    COINSコンパイラ・インフラストラクチャの開発,
    コンピュータソフトウェア,Vol. 25, No. 1, pp. 2-18 (Jan. 2008).

43. 佐々政孝,滝本宗宏:
    静的単一代入形式を用いた最適化(導入編),
    コンピュータソフトウェア, Vol. 25, No. 1, pp. 19-29 (Jan. 2008)
    (解説論文)

44. 滝本宗宏,佐々政孝:
    静的単一代入形式を用いた最適化(発展編),
    コンピュータソフトウェア, Vol. 25, No. 1, pp. 30-46 (Jan. 2008)
    (解説論文)

45. 佐原聡一郎,佐々政孝:
    時相論理を用いたコンパイラ最適化器の実行の正しさの検査,
    (推薦論文・PPL2007),コンピュータソフトウェア,Vol. 25, No. 1,
    pp. 151-166 (Jan. 2008).

46. Sassa, M., Ito, Y. and Kohama, M.:
    Comparison and evaluation of back-translation algorithms for static 
    single assignment forms,
    Computer Languages, Systems & Structures, Vol. 35, Issue 2,
    pp. 173-195 (July 2009). DOI 10.1016/j.cl.2007.03.001

47. Fang Ling,佐々政孝:
    自動的等価性差分の抽出によるSSAコンパイラ最適化器の
    生成するコードの正しさの検証,
    情報処理学会論文誌 プログラミング, Vol. 2, No. 4, pp. 33-52,
    (Aug. 2009).

48. Sassa, M., Imahashi, T. and Ito, Y.:
    A Generalized Method for Realizing Partial Redundancy Elimination
    for Normal Forms in Static Single Assignment Forms,
    Advances in Computer Science and Engineering, Vol. 7, No. 1, pp. 1-24,
    (Aug. 2011).






II  国際会議発表

(計算機科学に関する査読付き国際会議発表)

1.  Kawai, S., Goto, E., Sassa, M., Itano, K. Ida, T. and Yasumura, M.:
    A Graphic System with Halftone and Area Coloring Capabilities,
    First USA-JAPAN Computer Conference Proceedings, pp. 320-324
    (Oct. 1972).

2.  Sassa, M.:
    Rie and Jun: Towards the Generation of all Compiler Phases,
    in Hammer,D. (Ed.) Third Int. Workshop CC '90 Proceedings,
    Schwerin, Germany,
    Lecture Notes in Computer Science, Vol. 477, pp.56-70, Springer
    (1991).

3.  Wakita, K., Asano, T. and Sassa, M.:
    D'Caml: Native Support for Distributed ML Programming in Heterogeneous
    Environment,
    in Amestoy, P. et al. (Eds.): Euro-Par'99 Parallel Processing,
    Proceedings, Toulouse, France,
    Lecture Notes in Computer Science, Vol. 1685, pp. 914-924,
    Springer (Sep. 1999).

4.  Sasaki, A. and Sassa, M.:
    Circular Attribute Grammars with Remote Attribute References,
    in Parigot, D. and Mernik, M. (ed.) Proc. WAGA'2000 - 3rd Workshop on
    Attribute Grammars and their Applications, Ponte de Lima, Portugal,
    INRIA, pp. 125-140 (Jul. 2000).

5.  Nakai, H., Sassa, M., Kameyama, H. and Nakata, I.:
    Incremental Attribute Evaluation of LR-attributed Grammars Using
    Space-Efficient Data Structure,
    in Parigot, D. and Mernik, M. (ed.) Proc. WAGA'2000 - 3rd Workshop on
    Attribute Grammars and their Applications, Ponte de Lima, Portugal,
    INRIA, pp. 99-116 (Jul. 2000).

6.  Ikezoe, Y., Sasaki, A., Ohshima, Y., Wakita, K. and Sassa, M.:
    Systematic Debugging of Attribute Grammars,
    in Ducasse, M. (ed.) Proc. 4th International Workshop on Automated
    and Algorithmic Debugging (AADEBUG 2000), Munich, Germany,
    pp. 235-240 (Aug. 2000).
    http://arXiv.org/abs/cs.SE/0011029.

7.  Sassa, M., Nakaya, T., Kohama, M., Fukuoka, T. and Takahashi, M.:
    Static Single Assignment Form in the COINS Compiler Infrastructure,
    SSGRR 2003w - International Conference on Advances in Infrastructure
    for e-Business, e-Education, e-Science, e-Medicine, and Mobile 
    Technologies on the Internet, L'Aquila, Italy, No. 54, (Jan. 2003).

8.  Sasaki, A. and Sassa, M.:
    Generalized Systematic Debugging for Attribute Grammars,
    in Ronsse, M. (ed.) Proc. 5th International Workshop on Automated
    and Algorithmic Debugging (AADEBUG 2003), Gent, Belgium, 
    pp. 283-286 (Sep. 2003).
    http://arXiv.org/abs/cs.SE/0310026.

9.  Sassa, M., Kohama, M. and Ito, Y.:
    Comparison and Evaluation of Back Translation Algorithms
    for Static Single Assignment Form,
    in Proc. IPSI-2004 Prague, Czech, ISBN: 86-7466-117-3 (Dec. 2004).
    (keynote at IPSI-2004 Prague)

10. Sassa, M. and Sudo. D.:
    Experience in Testing Compiler Optimizers Using Comparison
    Checking,
    2006 International Conference on Programming Languages and
    Compilers
    (PLC '06), Vol. II, pp. 837-843, CSREA Press (June 2006),
    Las Vegas, U.S.A.

11. Fang, L. and Sassa, M.:
    Generating Java Compiler Optimizers Using Bidirectional CTL,
    Sixth International Workshop on Compiler Optimization meets Compiler 
    Verification (COCV 2007) pp. 51-66 (March 2007), Braga, Portugal.

12. Sassa, M. and Sahara, S.:
    Validating Correctness of Compiler Optimizer Execution Using
    Temporal Logic,
    Seventh International Workshop on Compiler Optimization meets
    Compiler Verification (COCV 2008) pp. 1-17 (April 2008), 
    Budapest, Hungary.

13. Fang, L. and Sassa, L.:
    Verification of Compiler Optimization Using Temporal Logic
    by Checking Value Equality Difference,
    Eighth International Workshop on Compiler Optimization meets
    Compiler Verification (COCV 2009), CD-ROM (March 2009), York,
    U.K.





III.学位論文

  Implementational Basis of Complex Data Structures
  (東京大学 1978年6月)




IV. 解 説  (最近のもの)

1. 佐々政孝:
  属性文法によるコンパイラの記述例,
  情報処理,Vol. 35, No. 4, pp. 358-369, (Apr. 1994).

2. 佐々政孝:
  東京工業大学における情報教育,
  日本物理学会:大学の物理教育,Vol. 2001-3, pp. 8-11 (Nov. 2001).

3. 佐々政孝:
  コンパイラ・インフラストラクチャCOINSを用いたSSA最適化(その1),
  情報処理,Vol. 47, No. 8, pp. 907-913, (Aug. 2006).

4. 佐々政孝:
  コンパイラ・インフラストラクチャCOINSを用いたSSA最適化(その2),
  情報処理,Vol. 47, No. 9, pp. 1032-1038, (Sep. 2006).





V. 著 書

1. 萩原宏, 有山正孝(編), 佐々政孝(分担):
   現代システムプログラムの基礎:
   第2章 コンパイラ,
   オーム社, (May. 1984).

2. 電子情報通信学会(編), 佐々政孝(分担):
   電子情報通信ハンドブック:
  第23編3章 プロセッサ作成技術,
   オーム社, (Mar. 1988).

3. 佐々政孝(単著):
   プログラミング言語処理系,
   岩波書店, (Oct. 1989).

4. 大野豊(監修), 佐々政孝(分担):
   自動プログラミングハンドブック:
   第3編1章 コンパイラ作成における自動プログラミング,
   オーム社, (Dec. 1989).

5. 竹内彰一(編), 金子正俊, 林謙一, 脇田建, 佐々政孝(分担):
  インタラクティブシステムとソフトウェアI:
  属性文法に基づくGUI生成系Wing, pp. 33-40,
  近代科学社, (Sep. 1994).

6. 島内剛一ほか(編), 佐々政孝(分担):
  アルゴリズム辞典,
  共立出版, (Sep. 1994).

7. 西野哲朗, 片山卓也, 佐々政孝(編), 佐々政孝(分担):
  属性文法入門:
   第3章 コンパイラの記述,
   共立出版, (Feb. 1996).

8. 電子情報通信学会(編), 佐々政孝(分担):
   エンサイクロペディア電子情報通信ハンドブック,
   8-6編 プログラミング言語 の一部を分担
   オーム社, (Nov. 1998).

9. 東京工業大学大学院情報理工学研究科創立10周年記念出版編集委員会(編),
   佐々政孝(分担):
   情報理工学のすすめ,
   の「東京工業大学の全学情報科目(pp. 39-56)」を分担
   サイエンス社/数理工学社,(Dec. 2005).

10. 中田育男,渡辺坦,佐々政孝,滝本宗宏:
   コンパイラの基盤技術と実践-コンパイラ・インフラストラクチャCOINS を
   用いて,
   朝倉書店,(Jun. 2008).






VI.   受賞など

情報処理学会論文賞   1981年5月
 (社)情報処理学会より
 論文「Design and Implementation of a Multipass Compiler Generator,
  J. Inf. Process., Vol.3, No.2」に対して
 共同受賞者 徳田淳子,篠木剛,井上謙蔵

情報処理学会創立30周年記念論文佳作  1990年6月
 (社)情報処理学会より
 論文「ストリームによるプログラミングのための言語とその実現方式,
  情報処理,31巻,5号,1990年」に対して
 共同受賞者 久世和資,中田育男

日本ソフトウェア科学会第1回ソフトウェア論文賞 2010年6月9日
  日本ソフトウェア科学会より
  論文「中田育男,渡辺坦,佐々政孝,森公一郎,阿部正佳:
        COINSコンパイラ・インフラストラクチャの開発,
        コンピュータソフトウェア, Vol.25, No.1, pp.2-18, 2008年1月」
  に対して
  共同受賞者 中田育男,渡辺坦,森公一郎,阿部正佳

日本ソフトウェア科学会第3回解説論文賞  2011年6月9日
  日本ソフトウェア科学会より
  解説論文「佐々政孝,滝本宗宏:
            静的単一代入形式を用いた最適化(導入編),
            コンピュータソフトウェア, Vol. 25, No. 1, pp. 19-29, 2008年1月
            および
            滝本宗宏,佐々政孝:
            静的単一代入形式を用いた最適化(発展編),
            コンピュータソフトウェア, Vol. 25, No. 1, pp. 30-46, 2008年1月」
 に対して
 共同受賞者 滝本宗宏






VII.  学会活動,社会的活動等

情報処理学会会員
日本ソフトウェア科学会会員
ACM会員
IEEE Computer Society会員

日本ソフトウェア科学会評議員       1994年10月〜現在
京都大学数理解析研究所運営委員会委員   2001年9月〜2003年8月
財団法人金融情報システムセンター評議員  1998年5月〜2011年3月31日




VIII.  招待講演

    Sassa, M.:
    Rie and Jun: Towards the Generation of all Compiler Phases,
    in Hammer,D. (Ed.) Third Int. Workshop CC Proceedings,
    Schwerin, Germany,
    Lecture Notes in Computer Science, Vol. 477, pp.56-70, Springer
    (1991).

    Sassa, M., Nakaya, T., Kohama, M., Fukuoka, T. and Takahashi, M.:
    Static Single Assignment Form int the COINS Compiler Infrastructure,
    SSGRR 2003w - International Conference on Advances in Infrastructure
    for e-Business, e-Education, e-Science, e-Medicine, and Mobile 
    Technologies on the Internet, L'Aquila, Italy, No. 54, (Jan. 2003).




IX.  口頭発表,(解説),リサーチレポート等 (最初のを除き,1994年以降のもの)

73. 佐々政孝:
コンパイラの自動生成,
情報処理,Vol. 28, No. 10, pp. 1359-1367 (1987年10月).

91. 大島芳樹,黒石和宏,平井輝久,佐々政孝:
フリーソフトウェアの開発と保守作業に関する考察−コンパイラ生成系Rieを例として,
情報処理学会全国大会論文集,第48回,分冊(5),pp. 5-143-5-144  (1994年3月).

92. 大久保琢也,佐々木晃,脇田建,佐々政孝:
属性文法に対するデバッグ方式の構想,
情報処理学会全国大会論文集,第48回,分冊(5),pp. 5-103-5-104 (1994年3月).

93. 佐々政孝:
属性文法によるコンパイラの記述例,
情報処理,Vol. 35, No. 4, pp. 358-369 (1994年4月).

94. 大久保琢也,佐々木晃,脇田建,佐々政孝:
属性文法に対するデバッガの開発,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第11回,pp. 345-348 (1994年11月).

95. 太田行紀,脇田建,佐々政孝:
属性文法に基づくテストプログラム生成器の設計と実装,
情報処理学会ソフトウェア工学研究会,95-SE-103, pp. 185-192 (1995年3月).

96. 佐々木晃,徳田雄洋,脇田建,佐々政孝:
循環属性文法に基づく生成系Junについて,
情報処理学会全国大会論文集,第50回,分冊(5),pp. 5-49-5-50 (1995年3月).

97. 大久保琢也,佐々木晃,脇田建,佐々政孝:
属性文法に対するデバッガ,
情報処理学会記号処理研究会,95-SYM-78,pp. 1-8 (1995年3月).

98. 佐々木晃,徳田雄洋,脇田建,佐々政孝:
循環属性文法に基づく生成系Jun,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第12回,pp. 293-296 (1995年9月).

99. Chen, Yafeng, Sasaki, Akira, and Sassa, Masataka:
Formulation of an Optimizer by Attribute Grammars for  Static Single
Assignment Form,
情報処理学会全国大会論文集,第51回,分冊(5),pp. 5-53-5-54 (1995年9月).

100. Sassa, Masataka, and Ookubo, Takuya:
Systematic Debugging Method for Attribute Grammar Description,
Research Reports on Mathematical and Computing Sciences, C-117,
Dept. of Mathematical and Computing Sciences, Tokyo Institute of Technology
(1995年10月).

101. Chen, Yafeng, Sasaki, Akira,  and Sassa, Masataka:
Attribute Grammar Description of Optimizer for Static Single Assignment
Form,
情報処理学会プログラミング研究会,96-PRO-5,pp. 9-14 (1996年1月).

102. 吉田順,佐々政孝:
SSA形式によるレジスタ割付,
情報処理学会全国大会論文集,第53回,分冊(1),pp. 1-313-1-314 (1996年9月).

103. 佐々木晃,脇田建,佐々政孝:
スライスを用いた属性文法記述のデバッグ法,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第13回,pp. 249-252 (1996年9月).

104. 中井央,佐々政孝,山下義行,中田育男:
LR属性文法に基づいたインクリメンタルな属性評価,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第13回,pp. 289-292 (1996年9月).

105. 鈴木憲明,陳亜峰,吉田順,佐々政孝:
SSA形式を中間表現とするテストコンパイラの属性文法による記述,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第13回,pp. 293-296 (1996年9月).

106. 楠目勝利,佐々政孝:
コンパイラにおける構文解析過程の視覚化,
情報処理学会全国大会論文集,第55回,分冊(1),pp. 1-448-1-449 (1997年9月).

107. 奥平雄吾,鈴木憲明,佐々木晃,佐々政孝:
SSA形式を用いた最適化器の属性文法による実現,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第14回,pp. 25-28 (1997年9月).

108. 中井央,佐々政孝,山下義行,中田育男:
解析木を用いないインクリメンタルな属性評価,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第14回,pp. 637-640 (1997年10月).

109. 脇田建,牛嶋哲,浅野貴史,佐々政孝:
異機種分散環境上のアプリケーション開発環境Dcamlシステムの構想,
情報処理学会全国大会論文集,第56回,分冊(1),pp. 1-366-1-367 (1998年3月).

110. 浅野貴史,牛嶋哲,脇田建,佐々政孝:
異機種分散環境上でのDcamlネイティブコンパイラの設計と実現,
情報処理学会全国大会論文集,第56回,分冊(1),pp. 1-368-1-369 (1998年3月).

111. 牛嶋哲,浅野貴史,脇田建,佐々政孝:
異機種分散環境上でのDcamlバイトコードコンパイラの設計と実現,
情報処理学会全国大会論文集,第56回,分冊(1),pp. 1-370-1-371 (1998年3月).

112. 佐々木晃,佐伯賢司,奥平雄吾,廣田哲志,市川哲生,佐々政孝:
SSA形式を中間言語とするコンパイラの属性文法による定式化と開発,
情報処理学会プログラミング研究会,Vol. 18-24, pp. 177-182 (1998年3月).

113. 脇田建,牛嶋哲,浅野貴史,佐々政孝:
異機種分散環境上で動作する分散MLシステムの構想,
日本ソフトウェア科学会第1回プログラミングおよび応用のシステムに関する
ワークショップ(SPA '98),
http://www.jssst.or.jp/jssst/ooc/spa98/proceedings/ (1998年3月).

114. 浅野貴史,脇田建,佐々政孝:
異機種分散環境上で動作するML処理系の実装,
情報処理学会並列処理シンポジウム JSPP '98, pp. 153-153 (1998年6月).

115. 市川哲生,廣田哲志,佐々木晃,佐々政孝:
属性文法に基づくコンパイラにおけるレジスタ割付とコード生成,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第15回,pp. 309-312 (1998年9月).

116. 浅野貴史,脇田建,佐々政孝:
分散ML処理系におけるDSMの実現,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第15回,pp. 41-44 (1998年9月).

117. 奥平雄吾,足立原直,脇田建,佐々政孝:
高速実行可能な低レベル命令セット仮想計算機の設計,
情報処理学会全国大会論文集,第57回,分冊(3),pp. 3-593-3-594 (1998年10月).

118. 足立原直,奥平雄吾,脇田建,佐々政孝:
低レベル命令セット仮想計算機を利用した混成環境におけるプロセス移送,
情報処理学会全国大会論文集,第57回,分冊(3),pp. 3-595-3-596 (1998年10月).

119. 丹羽直輝,楠目勝利,佐々政孝:
コンパイラにおける字句解析・構文解析過程の視覚化,
情報処理学会全国大会論文集,第58回,分冊(1),pp. 1-411-1-412 (1999年3月).

120. 大島芳樹,脇田建,佐々政孝:
PDA上で動作するオブジェクト指向仮想記憶の実現に向けて,
日本ソフトウェア科学会第2回プログラミングおよび応用のシステムに関する
ワークショップ(SPA '99),
http://www.osss.is.tsukuba.ac.jp/spa99proc/ (1999年3月).

121. 佐々木晃,佐々政孝:
リモート属性参照を可能とした循環属性文法,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第16回,pp. 365-368 (1999年9月).

122. 池添洋平,佐々木晃,佐々政孝:
アルゴリズミック・デバッギングを用いた属性文法のデバッガ,
情報処理学会全国大会論文集,第60回,分冊(1),pp. 1-285-1-286 (2000年3月).

123. 大島芳樹,脇田建,佐々政孝:
プログラミング言語処理系SqueakのSHARP Zaurusへの移植とその評価
情報処理学会プログラミング研究会 (2000年3月).

124. 徳生吉孝,脇田建,佐々政孝:
アセンブリ言語上でのプログラム特化,
日本ソフトウェア科学会第2回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ(PPL2000)論文集,pp.26-37 (2000年3月).

125. 浅野貴史,脇田建,佐々政孝:
スレッド移送のためのバイトコード上の変換技法,
日本ソフトウェア科学会第3回プログラミングおよび応用のシステムに関する
ワークショップ(SPA2000),
http://www.jaist.ac.jp/SPA2000/ (2000年3月).

126. 加藤吉之介,脇田建,佐々政孝:
プロセッサ仕様記述を用いたコードスケジューラの実装,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第17回,C4-3 (2000年9月).

127. 松岡保静,寺岡文男,佐々政孝:
VoIPにおける音声品質補償方式の検討,
情報処理学会モバイルコンピューティングとワイヤレス通信研究会,
2000-MBL-14, pp. 25-32 (2000年9月).

128. 脇田建,緒方大介,佐々政孝:
操作的意味記述を用いた仮想機械の生成に向けて,
日本ソフトウェア科学会第3回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ(PPL2001)論文集,pp.31-41 (2001年3月).

129. 中谷俊晴,加藤吉之介,佐々政孝,脇田建:
コンパイラ・インフラストラクチャにおけるSSA形式最適化プロトタイプ
システムの実装,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第18回,3D-2 (2001年9月).

130. 緒方大介,脇田建,内山雄司,佐々政孝:
バイトコード命令の操作的意味記述を用いた仮想機械核生成系,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第18回,3D-4 (2001年9月).

131. 池添洋平,佐々木晃,脇田建,佐々政孝:
属性文法の系統的デバッグ手法とその環境,
日本ソフトウェア科学会第4回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ(PPL2002)論文集,pp.89-103 (2002年3月).

132. 加藤吉之介,脇田建,佐々政孝:
SSA形式を利用したPredicated Execution向け命令スケジューリング手法,
情報処理学会計算機アーキテクチャ研究会・ハイパフォーマンスコンピュー
ティング研究会合同研究報告 (HOKKE-2002),
2002-ARC-147 & 2002-HPC-89, pp. 115-120 (2002年3月).

133. 小濱真樹,中谷俊晴,佐々政孝:
静的単一代入形式における正規化アルゴリズムの比較,  
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第19回,1C-1 (2002年9月).
http://jssstconference.jstage.jst.go.jp/ja/より

134. 福岡岳穂,高橋正人,中谷俊晴,佐々政孝:
コンパイラ・インフラストラクチャCOINSにおけるSSA形式最適化の実現,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第19回,2C-2 (2002年9月).
http://jssstconference.jstage.jst.go.jp/ja/より

135. 立川英,佐々木晃,佐々政孝:
リモート参照が可能な循環属性文法による怠けたコード移動の実現,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第19回,1C-3 (2002年9月).
http://jssstconference.jstage.jst.go.jp/ja/より

136. Sassa, M., Nakaya, T., Kohama, M., Fukuoka, T., Takahashi, M. 
and Nakata, I.:
Static Single Assignment Form in the COINS Compiler Infrastructure 
- Current Status and Background -,
日本ソフトウェア科学会第6回プログラミングおよび応用のシステムに関する
ワークショップ (SPA2003) 論文集 (2003年3月).
http://spa.jssst.or.jp/2003/program/papers/03006.pdf.

137. Sasaki, A. and Sassa, M.:
Generalized Systematic Debugging Method for Attribute Grammars,
Research Report C-180, Dept. of Mathematical and Computing Sciences,
Tokyo Institute of Technology (July, 2003).
http://www.is.titech.ac.jp/research/research-report/C/index.html

138. 溝渕裕司,中谷俊晴,佐々政孝:
コンパイラ・インフラストラクチャを用いた静的プログラムスライシングツール,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第20回,2B-3 (2003年9月).
http://jssstconference.jstage.jst.go.jp/ja/より

139. 伊藤陽,小濱真樹,佐々政孝:
静的単一代入形式における正規化アルゴリズムの比較と評価,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第21回,5C-3, pp. 291-295 (2004年9月).
http://jssstconference.jstage.jst.go.jp/ja/より

140. 須藤大二朗,佐々政孝:
比較照合法によるコンパイラ最適化器の正しさの検証,
日本ソフトウェア科学会第7回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2005) 論文集,pp. 231-245 (2005年3月).

141. 溝渕裕司,立川英,佐々政孝:
変更文の移動を可能にした静的単一代入形式上での部分冗長性除去,
日本ソフトウェア科学会第7回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2005) 論文集,pp. 261-275 (2005年3月).

142. 伊藤陽,小濱真樹,佐々政孝:
静的単一代入形式からの逆変換アルゴリズムの比較と評価,
情報処理学会プログラミング研究会発表資料,(2005年3月).

143. 佐原聡一郎,佐々政孝:
自動的な命令合併を行う覗き穴最適化器の設計と実装,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第22回,5B-2 (2005年9月).
http://jssstconference.jstage.jst.go.jp/ja/より

144. 狩野祐介,佐々政孝: 
素朴なレジスタプロモーションの実装・評価,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第22回,5B-3 (2005年9月).
http://jssstconference.jstage.jst.go.jp/ja/より

145. Masataka Sassa, Yo Ito, and Masaki Kohama:
Comparison and Evaluation of Back-translation Algorithms 
for Static Single Assignment Forms,
Research Report C-214, Dept. of Mathematical and Computing Sciences,
Tokyo Institute of Technology (October, 2005) 
http://www.is.titech.ac.jp/research/research-report/C/C-214.pdf

146. Masataka Sassa and Daijiro Sudo:
Experience in Testing Compiler Optimizers Using Comparison Checking
Research Report C-221, Dept. of Mathematical and Computing Sciences,
Tokyo Institute of Technology (February, 2006)
http://www.is.titech.ac.jp/research/research-report/C/C-221.pdf

147. 伊藤陽,佐々政孝:
実行時情報を利用した部分冗長除去とSSA形式への適用,
日本ソフトウェア科学会第8回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2006) 論文集,pp. 170-181 (2006年3月).

148. 方玲,佐々政孝:
双方向CTLによるJavaプログラム最適化器の生成,
日本ソフトウェア科学会第8回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2006) 論文集,pp. 185-185 (2006年3月).

149. 方玲,佐々政孝:
双方向CTLによるJava最適化器の生成,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第23回,1B-1 (2006年9月).

150. 今橋孝典,伊藤陽,佐々政孝:
静的単一代入形式上で通常形式部分冗長除去を実現する汎用的手法,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第23回,1B-3 (2006年9月).

151. 米倉翔一,佐々政孝:
目的コードの精査によるCOINSコンパイラ・バックエンドの最適化の改良,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第23回,1B-4 (2006年9月).

152. 滝本宗宏,福岡岳穂,佐々政孝:
式の出現に基づく大域値番号付け,
情報処理学会プログラミング研究会資料 (2006年10月).

153. Ling Fang and Masataka Sassa:
Generating Java Compiler Optimizers Using Bidirectional CTL,
Research Report C-230, Dept. of Mathematical and Computing Sciences,
Tokyo Institute of Technology (November, 2006)
http://www.is.titech.ac.jp/research/research-report/C/C-230.pdf

154. 方玲,佐々政孝:
双方向CTLによるJava 最適化器の生成,
情報処理学会プログラミング研究会資料 (2007年1月).

155. 狩野祐介,佐々政孝:
Flow-insensitiveな別名情報と制御フロー構造を用いた最適化対象の拡大,
日本ソフトウェア科学会第9回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2007) 論文集,pp. 15-27 (2007年3月).

156. 佐原聡一郎,佐々政孝:
時相論理を用いたコンパイラ最適化器の実行の正しさの検査,
日本ソフトウェア科学会第9回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2007) 論文集,pp. 97-110 (2007年3月).

157. Masataka Sassa and Soichiro Sahara:
Validating Correctness of Compiler Optimizer Execution Using Temporal
Logic,
Research Report C-247, Dept. of Mathematical and Computing Sciences,
Tokyo Institute of Technology (November, 2007)
http://www.is.titech.ac.jp/research/research-report/C/C-247.pdf

158. 米倉翔一,佐々政孝:
Array SSA とそれを用いた最適化の実装と評価,
第169回計算機アーキテクチャ・第114回ハイパフォーマンスコンピューティング
合同研究発表会(HOKKE-2008),pp. 127-132 (2008年3月).
   
159. 吉羽和之,佐々政孝:
BDDを利用したCプログラムのfield-sensitiveなポインタ解析,
第169回計算機アーキテクチャ・第114回ハイパフォーマンスコンピューティング
合同研究発表会(HOKKE-2008),pp. 133-138 (2008年3月).

160. 滝本宗宏,佐々政孝:
質問伝播に基づく要求駆動型大域値番号付け,
日本ソフトウェア科学会第10回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2008) 論文集,pp. 233-245 (2008年3月).

161. Fang Ling,佐々政孝:
自動的等価性差分の抽出によるSSAコンパイラ最適化器の正しさの検証,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第25回,7A-1 (2008年9月).

162. 副島佑介,佐々政孝:
レジスタ割り付けにおけるOptimistic Register Coalescingの実装と評価,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第25回,4A-1 (2008年9月).

163. 蒲野茂幸,佐々政孝:
SIMD 最適化向けソースコードレベルでのコード変形,
日本ソフトウェア科学会第11回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2009) 論文集,pp. 73-87 (2009年3月).

164. 今橋孝典,佐々政孝:
種々の最適化の効果のモデル化と,それに基づく最適化列の効果の予測,
日本ソフトウェア科学会第11回プログラミングおよびプログラミング言語
ワークショップ (PPL2009) 論文集,pp. 88-102 (2009年3月).

165. Fang Ling, 佐々政孝:
自動的等価性差分の抽出によるSSAコンパイラ最適化器の正しさの検証,
情報処理学会プログラミング研究会 (2009年3月17日),東京大学駒場キャンパス.

166. 及川宗明,佐々政孝:
レジスタプロモーションによるコード最適化の実装と評価,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第26回,3C-1 (2009年9月17日),島根大学.

167. 藤原一貴,佐々政孝:
時相論理CTL*を用いたJAVA最適化器の生成の試み,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第26回,3C-4 (2009年9月17日), 島根大学.

168. 新屋良磨,佐々政孝,光成滋生:
並列化と実行時コード生成を用いた正規表現マッチングの高速化,
日本ソフトウェア科学会大会論文集,第28回,6A-2 (2011年9月),那覇.

169. 新屋良磨,光成滋生,佐々政孝:
並列化と実行時コード生成を用いた正規表現マッチングの高速化,
情報処理学会プログラミングシンポジウム,第53回,p.159-162 (2012年1月),湯河原,
ポスター発表.