山下研究室を志望する学生へ

□山下研への所属を希望する場合は、学部生は所属希望を出す前に、大学院入試の場合は入試願書を出す前に(情報科学科の学生、山下研の学生も含みます)、必ず相談に来てください。研究内容との相性などを話し合いましょう。
□相談にくる前にメールで連絡をください。「ゼミのスケジュール」でゼミや授業の時間に重なっている場合は、対応できません
□ここのページにある「研究紹介」を読んで、研究内容と自分の志向性が似たような方向にあるかを確認してください。
□周辺分野や論文検索をしたい場合には、「リンク」より文献検索データベースへ移動してください。
□一週間の雰囲気を知りたい場合には、「ゼミのスケジュール」を参考にしてください。
□輪読ゼミでは、発表者が分からないところ(よく理解していないところ)にはどんどんツッコミがはいります。ツッコミにきちんと返せないときには、次回への宿題となります。
□輪読で読む資料は基本的に英語です。英語の勉強は各自しておいてください。といっても理系の英語はシンプルに伝わるようにできているので、たとえばハリー・ポッターの1巻を原著で読んで(細かいところは飛ばしても)全体として楽しむことができるほどであれば特に困ることはないでしょう。
□プログラミングも各自で勉強しておいてください。よく利用するのは、C言語やMATLABです。また、Linuxでの数値計算も多いので、Unix系のコマンドについても勉強をしてください。
□研究集会などの情報はどんどんと伝えますので、積極的に参加してください。
□修士論文・卒業論文についても、自らスケジュールを立てて積極的に進めることが必要です。
□いろいろと書きましたが、なによりも大事なのは、「ベストを追求する数学を楽しむ」という心がまえです。一緒に研究を頑張っていきましょう。