-- 田中研究室について --


研究の進め方  過去の研究分野  研究室の雰囲気  志望する方へ  TOPへ戻る

研究の進め方

田中研究室では,ディスカッションとゼミにより研究を進めています.
ディスカッション
1週間に1度を目安に,先生とのディスカッションを行います. ここでは自分の研究に関する論文の解説や研究結果の報告などを行い,今後の研究方針を決めたりします.


学部4年本読み
新学部4年生は,3月中から輪講ゼミを行います.ここで暗号理論の基礎や,その基礎となる数論を勉強します.1日約4時間で,だいたい2〜3人で担当します.突然「ここから次の人にやってもらいます」などと言われるので,だれがどこをやるか全くわかりません.したがって,全部ちゃんと読んでこないと痛い目を見ることになります.


過去の研究分野

田中研メンバーの近年の研究分野です.

公開鍵暗号,ディジタル署名,秘密情報漏洩,一方向性関数,落とし戸付き関数,情報理論的安全性,代理人再暗号化方式,
放送型暗号,コミットメント方式,準同型性暗号,KEM/DEM方式,選択開示攻撃,量子暗号,ゼロ知識証明,格子暗号,
マルチパーティ・プロトコル,電子投票,パスワード認証,電子現金,LLLアルゴリズム

これらがどのような話しなのか知りたい方は,次の本が参考になると思います.1は比較的やさしい内容で,とっつきやすいと思います.東工大の図書館にもおいてあるはずです.2にはそれぞれの分野に関する定義などが書いてあり,少々難しいです.それぞれの章の頭だけを拾い読みするのがいいかもしれません. また,田中研究室の研究テーマのページも参考になると思います.
  1. 情報セキュリティの科学〜マジック・プロトコルへの招待/太田和夫,黒澤馨,渡辺治著/講談社ブルーバックスB1055
  2. 現代暗号/岡本龍明,山本博資著/産業図書

研究室の雰囲気

学生同士はもちろん,先生と学生も仲が良い,アットホームな雰囲気の研究室です.
田中研究室について詳しく知りたい方は,一度西8号館W棟1110までおいでください.話が聞けると思います.お茶ぐらいでるかもしれません.
研究室には,お昼過ぎにはたいがい誰かがきています.一日中誰もこないという日は土日くらいです.


志望する方へ

田中研究室は2001年4月に始まった研究室です. 現在までに,博士課程から8人,修士課程から20人,学部から6人が修了・卒業しました.
現在は教官1人,博士課程2人,修士課程6人,学部3人で構成されています.
今までに本研究室で修士,博士課程を修了した人のなかで, 9人が研究に携わっていて,暗号理論の研究を続けている人もいます.
このように,研究者を目指そうとする人にとっては本研究室は 悪くない環境だと思います.
大学院から田中研究室を志望する方は,願書を出す前に一度相談にくるようにしてください. その際は事前にメールで連絡してください.
学部生で田中研究室を志望する方は, 3年生後期の情報科学総合実験・演習をとるようにしてください. 希望者が多い場合は,実験・演習をとった人を優先したいと考えています.


TOPへ戻る
Last modified April 30 2013