header

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

確率・統計第二

学部:情報科学科 講義と演習(2-2-0) 担当:間瀬茂

推奨学期4学期。金曜日3,4時限(講義)、5,6時限(演習)開講

講義と演習の狙い

  • 数理統計学の基本を学ぶ。内容は数学的であり、確率論が基礎である。演習では講義に関連した問題を解く。

内容

  • 確率分布、同時密度関数、条件付き密度、母集団、期待値
  • 数理統計学の三大テーマ:推定、検定、回帰分析
  • 不偏推定、クラメル・ラオの下限、有効推定量、指数型分布族
  • 仮説検定、最強力検定、ネイマン・ピアソンの定理
  • 最小自乗法、ガウス・マルコフモデル、線形重回帰
  • カルバック・ライブラー情報量、情報量不等式、フィッシャー情報量
  • 最尤原理、最尤推定量、強一致性、漸近正規性
  • いくつかの応用例

テキスト

採点基準

  • 講義及び演習への出席状況と、毎回出題する演習課題のレポート、そして期末試験の成績から総合的に評価する。試験は原則演習課題から出題する。

注意

  • 3学期の「確率・統計第一」等の大学専門基礎レベルの確率論を履修していなければ理解が難しいであろう。
  • 重複申告は過去に同じ講義・演習を受講し単位未取得のものに限り許可する。その場合、講義への出席は不要だが、演習への出席は必須である。

開講、休講情報

  • 初回講義は10月2日
  • 10月23日は工大祭準備休講日
  • 11月20日は学会参加のため休講予定

(最終改訂日時:2009-09-10 (木) 16:34:16)