header

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

**第11回 [#saae3e6f]

日時 	2007年2月22日(木) 15:00-16:00

会場 	西8号館W棟8階W809号室

講演者 	Antoine Deza 氏(McMaster University, Canada)

題目 	Polytopes and Arrangements: Diameter and Curvature

要旨 	

Linear optimization consists of maximizing, or minimizing, a linear function over a domain defined by a set of linear inequalities. The simplex and primal-dual interior point methods are currently the most computationally successful algorithms. In this talk we highlight intriguing links between the edge-path followed by the simplex and the central path followed by interior point methods. By analogy with the conjecture of Hirsch, we conjecture that the order of the largest total curvature of the central path associated to a polytope is the number of inequalities defining the polytope. By analogy with a result of Dedieu, Malajovich and Shub, we conjecture that the average diameter of a bounded cell of an arrangement is less than the dimension. We substantiate these conjectures and prove a continuous analogue of the equivalency between the conjecture of Hirsch and one of its variants known as the d-step conjecture.

This talk is based on a joint work with Tamas Terlaky and Yuriy Zinchenko.

**第10回 [#zcff2e3c]

日時 	2007年1月24日(水) 15:30-17:00

会場 	西8号館W棟10階W1008号室

講演者 	Craig Hodgson 氏 (University of Melbourne / 東工大・情報理工)

題目 	Harmonic deformations of hyperbolic 3-manifolds

要旨 	

This talk will give an introduction to my work with Steve Kerckhoff on harmonic deformations of hyperbolic 3-manifolds, and describe some topological applications. In particular, this work gives a quantitative version of Thurston's hyperbolic Dehn surgery theorem, including precise estimates on the changes in volume and core geodesic length during hyperbolic Dehn filling.

備考 	東工大トポロジーセミナーと共同開催

**第9回 [#wbc6c4f9]

日時 	2007年1月22日 (月) 15:00-16:30

会場 	西8号館E棟10階大会議室

講演者 	Alan Kay 氏 (Viewpoints Research Institute)

題目 	Can Programming be Reinvented? (仮題)

**第8回 [#rf9b7d4f]

日時 	2006年12月20日(水) 16:40-18:10

会場 	西8号館W棟8階W809号室

講演者 	宇野毅明 氏 (国立情報学研究所)

題目 	クリーク列挙のアルゴリズム

要旨 	

グラフの部分グラフで、完全グラフになっているものをクリーク、完全2部グラフになっているものを完全2部クリークと言う。クリークは、情報科学の様々な場面に応用があり、昔から特に最適化、組合せ数学的な面から様々な研究がされてきている。近年、多様で巨大なデータが出現するに伴い、最適化よりむしろ列挙を行う需要が高まってきている。クリーク列挙に対しては、過去からいくつかの研究が行われていたが、近年になり、実用面も加味したアルゴリズムの研究が盛んに行われている。本公演では、これらクリーク列挙アルゴリズムの解説を技術面、応用上の重要面を中心として行いたい。

**第7回 [#a8371f37]

日時 	2006年11月10日(月) 15:00-16:00

会場 	西8号館W棟10階W1008号室

講演者 	Sehie Park氏 (National Academy of Sciences/Seoul National University)

題目 	Recent Results in Analytical Fixed Point Theory

**第6回 [#pb3544ce]

日時 	2006年11月6日(月) 13:30-14:30

会場 	西8号館W棟8階W809号室

講演者 	Jan Poland氏 (北海道大学COE研究員)

題目 	On the Consistency of Discrete Bayesian Learning

要旨 	

This talk reports recent progress in Bayesian Learning Theory. Namely, we present and confront three basic ways of Bayesian induction: Marginalization, Maximum A-Posteriori (MAP) prediction and stochastic model selection. We argue that these are the most natural of all Bayesian induction methods. We then show that in the realizable case with a discrete hypothesis class, strong consistency theorems hold for all three variants, yielding assertions of two different flavors: (1) almost sure convergence of the predictions to the truth and (2) bounds on the expected cumulative Hellinger loss and consequently even on any loss function. The respective assertions for marginalization go back to Solomonoff's 1978 work, while those for MAP and stochastic model selection have been obtained by the author in 2004 and 2006, respectively.

**第5回 [#kb60be01]

日時 	2006年10月25日(水) 15:30-16:30

会場 	西8号館W棟10階W1008号室

講演者 	金英子 氏(東工大・情報理工)

題目 	小さなdilatationと大きな体積をもつ擬アノソフ組ひもの族について

要旨 	

平面上のn本のひもを持つn-組ひもは, n個の穴あき円板上の写像類を定めます. このようにして定まる写像類のタイプを考えることによって, n-組ひもを周期型, 可約型, 擬アノソフ型 という3つのタイプに分類することができます. 擬アノソフ組ひもは2つの代表的な不変量を持ちます. 一つは, 1より大きな代数的整数であるdilatationとよばれる不変量, もう一つは, 擬アノソフ型の写像類のmapping torusの体積です. 講演では, dilatationが1に収束し, 体積もある値に収束するような擬アノソフ組ひもの族や, dilatationが1に収束するが, 体積がいくらでも大きくなるような擬アノソフ組ひもの族について考察します.

備考 	東工大トポロジーセミナーと共同開催

**第4回 [#c3ab0731]

日時 	2006年9月20日(水) 15:00-16:00

会場 	西8号館W棟10階W1008号室

講演者 	Kazimierz Goebel氏 (Maria Curie Sklodowska University)

題目 	On some open problems in metric fixed point theory

**第3回 [#xc640649]

日時 	2006年6月1日(木) 13:20-14:50

会場 	西8号館W棟8階W809号室

講演者 	田中紀子 氏 (東京大学大学院医学系研究科クリニカルバイオインフォマティクス研究ユニット臨床ゲノム科学部門特任助手)

題目 	遺伝疫学研究における遺伝子間あるいは遺伝子−環境交互作用探索のための統計学的方法論

要旨 	

疾患発症の原因を集団を対象として遺伝学的原因と環境要因とに分けて探索するための研究を遺伝疫学研究というが、近年の遺伝疫学研究において、ありふれた疾患や多因子疾患に対する遺伝学的発症モデルは、遺伝子そのものが原因となって疾患を発症するのではなく、ある同じ環境要因にさらされた場合に発症の引き金となる遺伝子が存在しているというものになりつつある。さらにその発症の引き金となりうる遺伝子は複数存在すると考えられている。こうしたモデルや仮説が広く支持されている一方で、従来の遺伝子―環境交互作用を検出するための統計学的方法では、関連する、もしくは探索したい要因の多さから、サンプルサイズに比べて実行不可能である場合が多いこともあり、現在も疾患感受性遺伝子探索研究において、環境要因を考慮しない単SNP解析やハプロタイプ解析が頻繁に行われているのが現状である。しかし、多変量、多次元交互作用に対応できるような新たな遺伝子―環境交互作用を検出するための統計学的方法論が多く開発され、一部は応用にも使われはじめられつつある。そこで、本発表では近年発表された遺伝子―環境交互作用の統計学的探索方法と応用事例について紹介し、それらの問題点を言及するとともに、新たに提案する方法について紹介する。

**第2回 [#k5961b95]

日時 	2006年5月19日(金) 15:00-16:00

会場 	西7号館3階会議室

講演者 	David H. Lorenz 氏 (University of Virginia)

題目 	Modeling Aspect Mechanisms: A Top-Down Approach

要旨 	

A plethora of aspect mechanisms exist today, all of which integrate concerns into artifacts that exhibit crosscutting structure. What we lack and need is a characterization of the design space that these aspect mechanisms inhabit and a model description of their weaving processes. A good design space representation provides a common framework for understanding and evaluating existing mechanisms. A well-understood model of the weaving process can guide the implementor of new aspect mechanisms. It can guide the designer when mechanisms implementing new kinds of weaving are needed. It can also help teach aspect-oriented programming (AOP). In this paper we present and evaluate such a model of the design space for aspect mechanisms and their weaving processes. We model weaving, at an abstract level, as a concern integration process. We derive a weaving process model (WPM) top-down, differentiating a reactive from a nonreactive process. The model provides an in-depth explanation of the key subprocesses used by existing aspect mechanisms.

Joint work with Sergei Kojarski

URL: http://www.cs.virginia.edu/~lorenz/papers/icse06/

**第1回 [#k51e3dfd]

日時 	2006年4月12日(水) 13:30-15:00

会場 	西8号館W棟10階W1008号室

講演者 	恐神貴行 (おそがみたかゆき) 氏 (IBM東京基礎研究所)

題目 	アメリカの大学院への留学

要旨 	昨年カーネギーメロン大学コンピュータサイエンス学科で博士号を取得した経験を踏まえ、アメリカの大学院とはどのようなものかをお話します。アメリカで博士号を取得するメリット、アメリカの大学院とはどのようなところか、アメリカの大学院に入学するにはどうしたらよいか、などの疑問にお答えします。必要とする前提知識はありません。