header

トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
* Department of Information Science [#n23df287]

** はじめに [#qa61f064]

昨今の情報に関わる科学技術の発展はめざましいものがあります.
今日のパソコンも,インターネットも,携帯電話も,Web も,来るべき時代の序章に過ぎません.

しかし,情報化社会といえども勝手に発展するわけではありません.
発展を支えているのは,情報科学科をはじめとする学科を卒業した人間なのです.
100年後を見据えた原理の探求を目指す人,画期的なアイデアを考案しそれを実現する人,大規模情報システムを作りあげる人,社会規模の全体デザインを行う人
,などなど,これらの人々のたゆまない努力によって社会は発展しています.

情報科学科は,こうした情報に関わる科学技術が日々進化する時代にあって,情報を理学的に捉え,数学とコンピュータ科学を両輪に据えた教育を誇りを持って行っています.
あなたも,私達とともに歩んでみませんか.


** 目的・特徴 [#aaf34c28]

現代社会は,多種多様な情報がすみずみにまで深い影響を及ぼす,情報化社会と言われています.
情報科学科は,理学的な立場から情報分野における有能な人材の育成を目指しています.
特に次のような諸君にとって勉強しがいのある学科です.

- コンピュータに支援された新しい手法による数学の研究を行いたい諸君
- コンピュータサイエンスを学び,その発展に自ら参加したい諸君
- 数理的な考え方を情報化社会で生ずる問題に応用したい諸君

情報科学科は,このような諸君の期待に沿えるよう工夫したカリキュラムによる教育を行い,広い視野と深い専門性を持った人材を送り出しています.

なお,情報科学科の教員は,制度上すべて大学院情報理工学研究科数理・計算科学専攻及び学術国際情報センターの教員が兼務しています.


** 学習内容 [#s3caeab3]

*** [[講義概要・シラバス:http://www.ocw.titech.ac.jp/index.php?module=General&action=T0200&GakubuCD=100&GakkaCD=15&lang=JA&vid=4&rsort=2]] [#l1cea845]

2年次では,次のような基礎的な内容の学習を行います.

- 集合,位相,代数系,確率,統計などの基礎的な数学
- コンピュータの基本構成,アルゴリズムとデータ構造,プログラミング実習などの,コンピュータとソフトウェアに関する基礎
- コンピュータを利用した問題解決方法

3年次では,基礎的な学習を続けるとともに,さらに次のような内容の学習を
行います.

- さまざまな現象を数学的に表現・解析する微分方程式論,関数解析,組合せ数学等のより高度な数学の理論的基礎

- コンピュータサイエンスのより専門的な分野(プログラミング言語処理系,オペレーティングシステムやネットワーキング,計算機アーキテクチャ等)および高度な理論(計算の理論,数理論理学等)の基礎

- 数理統計,計画数学,オペレ−ションズ・リサ−チなど,経済,経営,工学を含むさまざまな分野の問題を数理的に,またコンピュータを用いて解決するための理論および手法に関連した科目

3年次の後学期に履修する情報科学総合演習・実験では,各自三つの研究室を選び,やや専門的なテ−マについてゼミ形式で勉強したり,実習やソフトウェアの開発実験等を行います.
学士論文研究の予備段階にあたる重要な科目です.

4年次では,いずれかの研究室に所属し,教員および大学院生から直接,研究を行うための基礎訓練を受けます.そして,各自テ−マを選んで,大学生活の集大成である学士論文研究に取り組みます.

** 卒業後の進路 [#a32b3665]

情報科学科の卒業生に対するニーズは高く,情報関連の企業や研究機関を中心に,多方面の求人が学科に寄せられています.
就職を希望する学生は自分の適性に合った職場を選択することができます.

また,大学院に進学してさらに研究を続ける学生も少なくありません.
最近は,卒業生の約80%が大学院(情報理工学研究科数理・計算科学専攻等の本学の大学院,他大学の大学院)に進学しています.
大学院では,それぞれの専門分野における現代の研究の最先端に触れながら,充実した研究生活を送ることができます.

なお,高等学校での情報科目必修化に伴い情報科目を担当する教師の必要性が高まっていますが,情報科学科では「数学」と並んで「情報」の教員免許を取得することが可能です.