header

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

組木シンポジウムのお知らせ

科研費基盤A「生産性と安全性向上のためのアスペクト指向ソフトウェア開発に関する研究」(代表:玉井哲雄 東京大学、通称「組木プロジェクト」)の最終年度にあたり下記のシンポジウムを企画いたしました。ゲストの方の講演もまじえ、チュートリアル的な形式で我々の研究および関連研究の紹介をいたします。ご興味のある方の参加をお待ちします。

組木シンポジウム --- ソフトウェアのコンポジション技術の最前線 ---

興味のある方であればどなたでも参加できます。参加にあたって参加費・事前登録等は不要です。

プログラム

  • 10:00- Opening (玉井哲雄)

セッション1(司会: 増原英彦)

  • 10:10-10:40「横断的関心事とは結局なんだったのか」増原英彦(東大)
  • 10:40-11:10「アスペクトの干渉検出ツールの開発を通して」丸山勝久 (立命館・ゲスト)
  • 11:10-11:40「複数のモジュールに共通するソースコード片の検出と活用」石尾隆(阪大・ゲスト)

(昼休み)

セッション2(司会: 五十嵐淳)

  • 13:30-14:00「関数型言語で切り開く証券トレーディング」古瀬淳(Jane Stree Capital・ゲスト)
  • 14:00-14:30「レイヤー合成のための型理論」五十嵐淳(京大)・紙名哲生(東大)

(休憩)

セッション3(司会: 外村慶二)

  • 15:00-15:30「Webアプリーケーションの特性とAOP」外村慶二(九工大)
  • 15:30-16:00「アスペクト指向によるディペンダブルWeb開発に向けて」鷲崎弘宜(早稲田・ゲスト)
  • 16:00-16:30「AOP を取り巻くモジュール化技術 -- 違いは何か?」千葉滋(東工大)
  • 17:00 Closing
 

お問い合わせは千葉までお願いいたします。